2012.12.07 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.12.07 Friday

    日本の伝統大道芸を動画で見てみる〜ガマの油売〜

    0
       日本の伝統大道芸「ガマの油売」の動画です。



      私は年齢的に20代後半ですが、これでも生で一度だけガマの油売をみたことがあります。
      なんというか、、、怖かった。
      小さい頃だったってのもありますが、日本刀を振り回したり、手を切ったりっていう仕草がとてつもなく怖かった(その時は目隠しして居合切りなどもあってはらはらドキドキもあった)

      今あらためてこの動画を見てみると、口上やお客さんのつかみかたがうまいなぁと関心。
      大道で商いをするのは並大抵のことじゃ、お客さんを引き止められません。

      そこで、いかに面白く、テンポよく客を惹きつけるかということを工夫して工夫して、それらの集大成がガマの油売なのかも。
      バナナの叩き売り屋さんとかともちと違う、胡散臭さと非日常感。
      それらが路上に現れるっていうのは、失いたくない文化です。

      この動画にでてくるガマの油売屋さん。
      ほかにも色々な伝統芸にチャレンジされているかたのよう。
      後世のためにも、ぜひぜひ頑張ってもらいたいものです。

      2012.09.27 Thursday

      最速者達を集めたら・・・

      0
         ”最速”に挑む人たちを集めた動画です。




        五分ちょっとの映像ですが、なかなか見ごたえあり。
        (惜しむらくは、画質が荒いところ)
        馬鹿馬鹿しいものから、みててうなりそうになるものまで。
        世界には色々な速さへの挑戦があるんだなぁっと感心します。

        個人的には、物凄い速さの拍手の人の動画が好き。
        多分、この動画見た人は一度は試してみるはず!
        (私は、とりあえず試しましたが、ぜんぜん速くありませんでした。。。)



        2012.09.25 Tuesday

        イグノーベル賞受賞の『スピーチジャマー』がフリーソフトに

        0
           あの愛すべきガジェットが、イグノーベル賞受賞だけでなくフリーソフトになりました。






          『スピーチジャマー』は人を黙らせる機械。
          去年ぐらいだったか、話題になっていました。
          特に、有用なわけではないが愛すべきバカバカしさが素敵です(褒め言葉)

          そんなスピーチジャマーが2012年9月20日にイグノーベル賞を受賞しました。
          ※イグノーベル賞とは世界の役には立たないけれど、すばらしいユーモアあふれる研究に送られる賞
          くわしくはこちら(Wikipediaに飛びます)

          日本勢は、粘菌迷路やわさび警報装置などで、近年コンスタントに受賞者を出しています。
          日本の研究が、どのような形であれ世界に認められるのは嬉しいこと!
          そして、そこに内在するユーモアが、世界の人にほんのちょっぴり幸せな気分を味合わせることができたのならば、それは素晴らしいことだと思います!

          そして、2012年度に日本勢でイグノーベル賞を受賞した『スピーチジャマー』がこの度、フリーソフトとして公開されました。
          ダウンロード先→産総研ホームページリンク先
          (リンク先の下の方にあります。スピーチジャマーの詳しい説明も載っているので、そちらもどうぞ)

          以前にこの動画を見て、なんとなくの説明をうけて、なんとなく分かった気になって・・・
          でもその「黙ってしまう」時の感覚は体感してみないとわからないものなのでずっと気になっていました。
          それが体験できるというのはスゴイ!
          しかし、このソフトを利用するにはマイク付き無線ヘッドホンが必要らしく、残念ながら私はそれを持っていないので、まだ試していません。

          前々から、この装置の感覚というものを試してみたかったので、機会があればやってみたいと思います。

          追伸
          今年のイグノーベル賞授賞研究の中で、私的に最もヒットしたもの。
          「報告書についての報告書についての報告書についての報告書の準備を奨励する報告書についての報告書についての報告書を発行したことに対して」byアメリカ合衆国政府監査院
          イグノーベル賞一覧はこちら(Wikipediaに飛びます)


          2012.09.24 Monday

          アップルがこれからも魅力を失わないために・・・

          0
             先月でたiPhone5。とても素晴らしいツールです。



            (動画の下の方に字幕が表示されますので、YouTubeの画面からマウスのカーソルをはなしてご覧ください)


            スティーブ・ジョブズ氏亡き後、アップルの舵取りはティム・クック氏に任せられました。
            世界から賞賛をあびたCEOの後釜につくのは並大抵の努力ではないでしょうが、さらなる飛躍を見せて欲しいものです。

            アップルの魅力。存在、ビジョンもさることながら、プロダクトとしてデザインの素晴らしさ。
            シンプル、使いやすい。そしてなによりも美しいスタイリング。
            そのスタイリングを司るのが、上記の動画で追悼を述べている、ジョナサン・アイブ氏。

            ジョブズ氏と共に、新時代のアップルを築いてきた立役者。
            その彼の追悼スピーチには、万感の思いが込められています。

            ジョブズ氏が行なった、スタンフォード大学のスピーチも素敵ですが、この映像もかなり胸にくるものがあるので是非ごらんください。

            今後も、ティム・クック氏と手を組み、世界を変えるようなものを生み出し続けて欲しいものです。

            スタンフォード大学スピーチはこちら↓



            2012.09.21 Friday

            iPhone5でドッキリ映像。

            0
               「iPhone5です!」と言いながら、iPhone4sを見せたらどうなるかというドッキリw




              本日は、iPhone5発売日。
              長年DoCoMoのガラケーで我慢してきましたが、近年のスマホの波には逆らえず、本日au iPhone5ユーザーになりました!

              いやぁ、iPhone5すごいです!!
              正直、どう扱っていいのかさっぱりわからん!!

              スマホ初めてというのもあって、メールの送り方、文字のうちかた、電話のかけ方すべてがよくわからない。
              auショップでは使い方は教えてくれないし、本日暇してそうな身近なiPhoneユーザーもいなかったので、様々な関連サイトを見ながらいじくってました。

              使い勝手はよくわかりませんが、プロダクトとしての良さはびしばし感じます。
              薄い!軽い!画面が綺麗!
              ガラケーから、移行した者にとっては、未来のデバイス!
              webが見られる、YouTubeが見られることが感動!
              (まわりの友達がもっているiPhoneはいじくったことはありますが、やはり自分のものとなると感動もひとしお)

              私はあまり携帯依存の生活を送ってきませんでしたが、iPhone5によってそれはガラリと変わるでしょう。
              気になったら、即検索。
              迷ったら、即検索。
              いつでも、どこでも、どんな場所でも、即検索。
              でっかい知に即つながるという利点を活かせる生活にもっていきたいものです。

              ちっちゃいころ、何か新しいものが登場するたびに感じていた”未来感”
              今日は、あの時の気持ちをちょっぴり思い出した一日でした。



              2012.09.19 Wednesday

              PCメガネユーザーのつぶやき 〜JINS PCの感想〜

              0
                 私は仕事上、PCの前にいる時間が長いです。
                (グラフィックデザイン関係。一日中PC前にいるのもざら)

                以前は、仕事終わりなんかになると、吐き気がするほどの眼精疲労。
                肩こり、頭痛、などのツープラトンもあり、ほんと苦しい思いをしていました。

                そんな時に買ったのが蒼井優のCMでもおなじみJINSのPCメガネ。
                はじめは本当に効き目あるのかよ・・・と半信半疑でしたが・・・

                JINS PCを使い始めて半年ほど。
                もうこれなしでのPCライフはありえないといっても良い!
                眼精疲労の極限値が大幅に減った!!

                もちろん全然疲れないというわけではありません。
                それなりに眼精疲労もあります。
                ただし、吐き気や頭痛のレベルにまで疲れるということはなくなりました。

                メガネかけて、PCに向かっていきなり効果を実感するということはないでしょう。
                「?、なにが違うの?」って感想を抱くと思います。

                これが使い続けると効果がわかる。
                今までの疲れを100%だとすると70%ぐらいまでは軽減される感じ!(私の実感)

                また、JINSのPCメガネは、エアフレームとかなんとかいうやつで、すごく軽いです。
                私は、視力はいいほうで、メガネをかける生活をしたことがありませんでしたが、まったく気にならずにかけ続けることができました。

                半年ぐらい前は、デザインも一種類で、レンズもうっすら茶色まじりの物しか選べませんでしたが(正直、そこまで格好よくはない無難なデザインだった)今では様々なデザインのフレームを選べて、透明のPCメガネレンズもあるそうです。
                (意外と、薄茶色のついたレンズが恥ずかしかったので、これは嬉しい!ただし、ブルーライトカット率は落ちるようですが・・・)

                JINSの様々なフレームにPCレンズ、しかも透明のレンズまで対応してくれるのはありがたいです。
                別にこれかけて外にでるってわけではないですが、デザインは重要!
                PCメガネと言えども、自分のセンスや好みのものをかけたいものです。
                自然、モチベーションに関わってきますし、周りの目もかわってきます。




                (メガネのセンスが問われるイメージ映像)
                どこの国のメガネメーカーかは知りませんが、このCM好きです。
                美人の女性が集まってくる、ドン引きされるという落差。

                やっぱメガネひとつとってもそれはファッション。
                JINSがPCレンズを様々なフレームに対応したことで、これからもっとそういうライフスタイルは増えるでしょう。
                私も、そろそろもう一本、カッコイイフレームのPCメガネを新調してみようと思っています!

                JINSのサイトはこちら



                2012.09.18 Tuesday

                ビル・マーレイのゴーストバスターズ2010〜映画祭での映像〜

                0
                   この映像、個人的には鳥肌もののです!



                  一番好きな映画は何かと聞かれるならば『ゴーストバスターズ』と答えます。
                  小さい時から何十回みたかわかりません。

                  だから、2010年の時点でビル・マーレイがこの格好をしていてくれることがものすごく嬉しい!
                  たとえ、ゴーストバスターズと直接関係ない舞台であれ、この格好をしてメディアに立ってくれるだけでファンはスタンディングオベーションです!

                  とくにビル・マーレイの飄々とした役柄が大好き。海外のコメディアンのなかでは一番好きな俳優さんかもしれません。
                  『エド・ウッド』、『三人のゴースト』、『コーヒー&シガレッツ』などなど
                  どの映画のビル・マーレイもとぼけていて、かっこよくて大好きです。

                  近年、『ゴーストバスターズ3』撮影の噂が流れています。
                  残念ながら、今のところビル・マーレイは参加の方針はないとのこと。
                  これはとても寂しいことですが、彼にも思うところがあるのでしょう。

                  ただ、願わくば。
                  ファンとしては白髪頭、老齢の姿でもひょうひょうと映画の画面を駆け回る、そんなゴーストバスターズを見てみたいものです。

                  ゴーストバスターズ3の情報はこちら

                  2012.09.17 Monday

                  世界中で『スタンド・バイ・ミー』を歌う映像

                  0
                     スタンド・バイ・ミーでつながる世界




                    CMか何かで、やっていましたね。
                    シンプルだけれども、すごく胸に響く映像。

                    『スタンド・バイ・ミー』という名曲で世界中のミュージシャンがつながっていく。
                    音楽や歌うことの本来の意味を感じます。

                    コンサートホールでもなければ、音響設備がととのった場所でもない。
                    それはただの、路上だったりもする。
                    けれど、そこでおこる感動に差はない。

                    人種も、国も、年齢も、色々のりこえて歌われるスタンド・バイ・ミーから音楽の素晴らしさがひたすら伝わってきます。

                    2012.09.12 Wednesday

                    セクシーチャットの愉快なつり

                    0
                       セクシー美女だと思ってチャットしてたら・・・



                      いわゆる”つり”をテーマにした動画でしょう。
                      日本とかでの”つり”を実況したものとかは、嫌な気分になるようなものが多いですが、この動画は結構好きです☆
                      なんか”ユーモアを理解する”ってこういうことなんだなって感じさせられるから。

                      こういう場合って、結構怒り出す人とかいるかもしれないけれど、動画に出てくる人はみんな笑顔。
                      もちろん”期待ハズレ!!”って嘆いた人もいたでしょうけれど。
                      (セクシー美女を期待してチャットしてたのに!なんだこのひげもじゃ!?)
                      そこはユーモアを楽しむ気持ちでカバー♪

                      後は盛大に笑って「お前バカだなぁ(笑)あっ、俺もバカだ(笑)」ってな具合に笑い飛ばす。
                      そんな関係性って良いですよね。

                      ネットの世界は関係性が希薄と言われがちですが、こんな一期一会のような出会いがあったときに笑顔で楽しめる、そんなネットライフが満ちれば良いなと思います。

                      2012.05.29 Tuesday

                      新旧、バットモービル レーシング。

                      0
                         バットモービル同士の対戦です。



                        一方は映画バージョン。もう一方は昔のテレビ放映バージョンでしょうか。

                        様々な映画があってその中で色々な車が出てきます。
                        007のボンドカー、バックトゥーザフューチャーのデロリアン、ナイトライダーのナイト2000 etc…

                        そんな映画カーの中で、「バットマン」のバットモービルが一番好きです。

                        「バットマンビギンズ」や「ダークナイト」のバットモービルかっこいいのですが、
                        一番好きなのは、最初の「バットマン」のやつ(ティムバートンの)。
                        なんかぬめっとしたフォルムがとてつもなくかっこよく感じます。

                        動画の対決はなんだかバカバカしくも感じますが、ロマンを感じますよ!